スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明け方の夢

まさじ090428 泉谷090428 浜省090428
めちゃくちゃどうでもいい話。睡眠不足のはずなのに眠りが浅いのか明け方にけったいな
夢を見た。眠る前に「大塚まさじ&金子マリ」の♪果てしなき旅♪を聴きながらアレンジを
考えていたせいか、ミュージシャンが集まる夜通しやってる店で、一緒に飲んでいるのだ。
他にも名前知らないスタジオミュージシャンとかマイナーなプレーヤーたちが一杯。席が
きっちり決まってるような店ではなく、店内を自由に移動できるお店。そうこうしている内に
今度は「泉谷しげる」さんと喋っている。「ボク、♪Dのロック♪や♪国旗はためく下に♪が
大好きなんですよ、あのライブ盤(ライヴ!!泉谷~王様たちの夜~1975年)は最高すね!
でも今、YOU TUBEで見れるアレンジはどうも気に入らんのですわ…」って失礼なことを
言ってた。でも全く怒らず、逆にデジタルプレーヤー出してきて「ちょっとこれ聴いてみろ」
とか言って昔のライブ音源を聴かしてくれるのだ。その他にもいろんなミュージシャンと
何やかんやお喋りしたと思うけど記憶に残っていない。最後に出てきたのが「浜田省吾」。
サングラスは今のタイプでなく昔のレイバンだった。全く似てないのに、本人の目の前で
モノマネしたり…。気が付けば夢の中では朝の6時半。今日はもう会社を休んでしまおう
とか思いながら皆で店の外に出て、なぜかボクがカメラマンになって記念写真。う~ん…
20人くらい居たかなあ。浜省さんにツーショットを申し入れた時に「これじゃ逆光だ」なんて
言ってわざわざ方向を変えたりして。そのあたりで夢から醒めた。時計を見ると4時前だ。
このまま寝たら忘れてしまう…(別にそれでもいいんだけど)とメモまで取ったのは何故?
夢に出てきたイメージに近い写真をNETで探して載せてみた。あ~どうでもいい話だわ。

【泉谷しげる&坂崎幸之助♪眠れない夜♪】
http://www.youtube.com/watch?v=RbNDKD3oSs4

スポンサーサイト

練習日

花ギター090426 246 090426 D45090426
バンド練習日。今日はいろんな絡みで三宮の「スタジオ246」で盛り沢山の内容になった。
まず【MAIKODAI MEMORIES(Jラム版)】から。JOHNNYのVo.をフューチャーした新曲を
中心に初合せ。その割にはまずまずまとまってたか?ここから進歩しないケースも多々
あるけれど(笑)。過去のレパートリー2曲をおさらいして終了。次は11月のあめけん会に
向けてのプロジェクトであるPPMコピーの【Rhum(フランス語のラム)】。y@maせんせいが
さい○まから、たまたま関西の実家へ帰ってきてて少し時間をとってくれてこれも初合せ。
元々y@maせんせいはボクら4回生の時の【RUMB(英語のラム)】のオリジナルメンバー。
当時はウッドベースでサポートしてくれてた訳だけど、あれから28年経ち今回はギターで
ポールに成りきって登場!ピッキングの巧さは皆さんご存知の通りで流石やわ。当面の
3曲も事前練習のおかげで形になった(つもり)。あとはパートを歌い込むのみかな。まだ
半年あるので大丈夫やろ。こりゃ限定プロジェクトと言わず、続けていきたいなと思ったよ。
ところでy@maせんせいのギター、ええ音してるなあと思ったらマーチンD45だ!弾かせて
もらうと深みがあり且つボクには柔らか味のあるいい音に聴こえた。よく鳴ってるよ、凄い。
そのあと【ラム】の練習。新曲2曲とレパートリー振り返りを少し。最後は【Steal A Ride】!
なんと昨年の11月のあめけんライブ以来という久しぶりのセッション。残念ながら今回は
チャーハンT辺(ギタリスト)とロック屋WATARU(ドラム)は所用で参加できなかったけど
今回、NUCKY中○(今回は欠席)が加わる新曲2曲と振り返りを。更にもう1曲の選曲を
決めて夕刻終了。遠い処、集まってくれたTOMMY、れーこさん、y@maせんせいに感謝。
さて次回練習は出来れば6月7日(日)の予定。何とかフルメンバーで楽しみたいところ。

縁は不思議

安祥①090423 安祥②090423 東レアパート090424
明日は今年一番の大荒れ天気だとか…。それはさておき全く別の話を一つ。ひょんな
ことから、中学時代の友人H君と連絡がとれた。縁とは不思議なもので聞いてびっくり。
なんと町○に住んでるとか。ブログでも紹介のとおり今年1月にポップフェスティバルで
行ってきたばかりで、【ラム】の相方のれーこさんとは、駅で言うなら一駅離れたところ
あたりにいてるらしい。ポップフェス実行委員長との繋がりで、6月くらいにその町○の
とある店のライブに出ようと言ってる矢先のことで、是非その時にでも再会できればと
楽しみが増えた。中学当時、H君とはバレーボールに熱中し、クラブがなかったために
休み時間とか放課後に仲間達とよくクイックや時間差攻撃の練習してたこと思い出す。
それから、音楽にも目覚めた頃で、フォークに傾注する一方で歌謡曲にも興味を持ち
あともう一人のI君と3人でその頃よく流行っていた野口五郎の♪愛さずにいられない♪
とかを誰もいなくなった放課後の教室で、誰が最後まで一番うまく歌えるかとか競って
いたっけな。H君がもしこのブログを見てくれているとしても、もう忘れてると思うけれど
♪愛さずにいられない♪は最後の方で4回くらいサビが転調を繰返し、段々とキーが
上がっていく曲で、最後の最後が高くって大声張り上げて歌っていたことを覚えてるよ。
あめけんで鍛えられ、今はこれくらいはなんとか歌い切れるけど、当時はキツかったな。
さて、26日はバンドの久しぶりの練習。現時点で4バンド掛け持ちの、自称あめけんの
坂崎幸之助だけど、腕がなくてアドリブ効かんだけに曲を覚えるだけで一杯一杯(笑)。

H君、もし見てくれてたら、これが町○でのボクらのライブです。(モロアマチュアですが)
【ラム♪こもれび♪】
http://video.fc2.com/content/%83%89%83%80%20-%20%82%B1%82%E0%82%EA%82%D1%81i090131POPFES%81j%81%60%83X%83e%81%5B%83W%81i%83Z%83%93%83%5E%81%5B%83A%83%93%83O%83%8B%81jVer./2009032179MfwSvx/

【野口五郎♪愛さずにいられない♪】
http://www.youtube.com/watch?v=xS5OAX0INzs

ヒミコ

地球似090423  ヒミコ090423  日食090423
このところ宇宙が騒がしい。というかたまたま記事が二つ三つ、目にとまったというか…。
まずは地球からてんびん座方向に約20.5光年離れた恒星系に、これまでに太陽系外で
発見された中では最も質量の小さい惑星と、豊富な液体の水が存在する可能性がある
最も地球似の惑星が発見されたらしい(写真は星団の様子)。あと幾つか新たな発見の
ニュースを見たけど今日はスケールの違う発見の話だ。約137億年前のビッグバンから
わずか8億年後の古代宇宙で、銀河系の半径に匹敵する巨大なガス雲があったことが
わかり、その名を「ヒミコ」と名付けられたという。地球から129億光年離れた宇宙の話で
それがどうしたということやけど…。129億年前という想像もつかないスケールに比べりゃ
考えようによっては日々の小さな悩み等どうでもいいことの様に思えるよね。そんな風に
辛いことや苦しいことをバッサリと切り捨てていくのも、ありじゃないかなあ…とふと思う。
さて、今年は日本で46年ぶりに7月22日に皆既日食が見れるとのこと。もっとも、写真の
ように太陽がまるごと月に隠されてしまうのが見られるエリアは限られてるらしいけれど
それでも80~90%くらい隠れるエリアは結構あるってよ。いつの間にか、宇宙に果ては
あるのか?ないのか?とか、その神秘に興味を持つことさえなくなったけれど、子供の
頃は宇宙の謎を知りたくてたまらんかったなあ。そんな好奇心を少しでも取り戻すのに
2009年はちょうどいい年かも?♪MIDNIGHT MOONLIGHT♪も練習することやしね(笑)。

【BOSTON♪宇宙の彼方へ(More Than A Feeling)♪】
http://www.youtube.com/watch?v=uZUcVFPrml0&feature=related&FMT=18

1/f ゆらぎ

美空090420 徳永090420 宇多田090420
今はあんまり聞かないけど「1/fゆらぎ」。この言葉を初めて聞いたのはもう随分前で
1/fゆらぎの風を送る扇風機でのこと。その風に癒されたとは特別に思わないけれど。
NETで改めて調べてみると「電気的導体に電流を流すとその抵抗値が一定ではなく
不安定にゆらいでいるということが80年程前に発見された。そのパワースペクトルが
周波数fに反比例することから、1/fゆらぎと名付けられた。その発生機構はいまだに
分かっていない。ろうそくの炎、そよぐ風、小川のせせらぎ、木洩れ日…などの様々な
自然現象の中に1/fゆらぎが発見されている。人間の生体リズムはまさにこれであり
音楽でいうならラジオのノイズの「ザー」という音と、メトロノームの規則正しい音との
ちょうど中間にあたり、不規則さと規則正しさがちょうどいい具合に調和している状態」
だとか…。ようわからんけれど、癒されるのは間違いないらしい。この1/fゆらぎで歌う
ミュージシャンが数少ないがいてるという。全部NETからの情報だけれど「美空ひばり
徳永英明、宇多田ヒカル、松任谷由実、中島みゆき、小田和正、平井 堅、浜田省吾
Misiaその他…」って沢山いてるやんか。なんとなく共通点があるような、ないような…。
まあ、いちいちそんなことを気にしながら音楽を聴いてるわけでもなくて、いいものは
理屈抜きということだわ。ボクも1/fゆらぎですよ。「f」はfunny(ふうにぃ)の「f」だけど。

【徳永英明♪レイニーブルー♪】
http://www.youtube.com/watch?v=4g7he7vgsks

英五さん

酒泪男女090416 英五①090416 英五②090416
このネタも二回目。これに限らず度々同じような話は出て来るけど、最近になってここへ
立ち寄ってくれた方に照準を合わせて文章を書いているつもり(そうとも限らないけど)。
何の記録も残ってないけれどボクらの心の中だけにひっそりと残っているシーンがある。
あれは20歳くらいの頃。当時、クラブ関係で親交のあったS蔭女学院の学祭のゲストで
来られていた河島英五さん。今でも鮮明に覚えているのは、食堂かどっかでボクたちの
PPMのコピー曲の演奏を後の方でパイプ椅子に座って聴いてくれてた。歌いながら目が
合うと何ともいえない笑顔で「にこっ」と。「コンサートのオープニングを一緒に演ろうよ」と
夢のようなお誘いだ。学園内のコンサート会場へ向う途中のエレベーターの中だったか
「♪風に吹かれて♪知ってるやろ」と決め打ちだった。けれども不覚にもこんな代表曲を
レパートリーにしてなかったボクらは「…(どうしよう、でもこんなチャンス二度とないぞ)…
ハイ、よろしくお願いします!」てな会話をしたんだと思う。簡単なコード展開だとは言え
どうやって事前に合わしたのか…?その瞬間は完全に舞い上がって詳しく覚えてない。
英五さんは26~27歳だったと思うけど随分落ち着いた大人に見え、背が高かったので
エレベーターの天井に頭がつきそうなくらいで、髪はかなりロングだったと記憶している。
とにかく、コンサートの幕が開くと英五さんと何故か【RUMB】がステージにいてるという
1曲だけのジョイントコンサート(笑)になった訳だ。そのとき既に♪酒と泪と男と女♪で
メジャーになってたんだけど気さくな感じが良かったなぁ。24歳であの詞を書いていると
いうこと自体が凄い!と思うよ。当時、デジタルムービーでもあったなら貴重なシーンが
残ってたんだけどねぇ。写真ひとつないので、たわ言と片付けられてもおかしくないけど。
肝臓疾患で亡くなられてから 8年になるんやねえ。今日、4/16は英五さんの命日です。

【河島英五♪酒と泪と男と女♪】
http://www.youtube.com/watch?v=tQG1pt_oUls

オフコース

おさらば090415 眠れぬ夜090415 愛の中へ090415
前にもネタにしたけれど1969年ヤマハライトミュージックコンテストで関西のグループ
赤い鳥の♪竹田の子守唄♪の前にまさかの準優勝に甘んじたオフコース。優勝して
解散するはずが、引き続き音楽を追求してプロに転向したというから何が起こるかは
わからない。もしも優勝していたら…♪眠れぬ夜♪や♪秋の気配♪や数々の名曲に
ボクらは巡り合わなかったかもしれない。彼らの初期の頃からボクは好きだったけど
当時はこの路線は軟弱フォークだというイメージがあって「かくれオフコースファン」で
あった。多分そういう男達はたくさんいたと思う。なんたって男は結構めめしいもんだ。
3人⇒4人⇒2人⇒5人そして解散後はソロとして時代を築くとはねえ…。オフコースも
赤い鳥もみんなPPMから入っている。改めてPPMは凄い存在やなあと思う。そういや
あめけんでオフコースやってたN川(加藤)、O村の音楽活動再開はどうなってるのだ
ろうか?チャーハンT辺もいるしオフコースできるやんか。Vo.のMIKIちゃんやOKUに
連絡がとれないなら、しゃあないなあボクとひぐぼんが歌おうか(笑)?それは冗談と
しても香都瑠のバックという話は…。いろんなバンドの復活が楽しみなんやけどなあ。
さて興味深い映像があったので…。5人組の頃は英語表記になってた Off Course の
特にコーラスのレコーディング風景。大変貴重な映像。そのうち抹消されると思うので
今のうちに掲載しとこ。単独では多少音がズレてるように聴こえても、バックの演奏や
主線Vo.に乗せるとこれがキレイに聴こえるんだわ。音を作ってるときって楽しいよね!

【Off Couse♪愛の中へ♪レコーディング風景】
http://www.youtube.com/watch?v=-jgxpUkyLHg&feature=related

オレンジ

オレンジの雨090414 ORANGE090414 オレンジ色の風090414
あれ、おとろっしや~、いなげなレコードばっかりがならんどるけん、ほんじゃけんど
昔の歌はよかったぞなもし。ほなら、そろそろ、いんでこうわい。いよいよ、しょうに…。
今日は「オレンジの日」。前にもネタにしたことがあるけど、無理やりに設定したような
バレンタイン~ホワイトデーに続く第三弾の日。オレンジと言えば「伊予かん」だよね!
ということで、ボクの故郷である愛媛県の方言を冒頭に並べてみたけれど、使い方が
間違っているかもね。なんせ田舎の工場で働く一社員(親父)に大阪本社異動の話が
持ち上がり、悩んだ挙句に一家して故郷を後にしてから早や45年。当時の状況から
いけば大々抜擢。今でも親父は当時の決断について果たして正しかったのかなあ…
なんて呟くときがある。断って地元密着で生活する道もあったからだ。もちろんボクは
親父の選択は正しかったといつも言っている。さて、そんな話はいいとしてオレンジや。
歌にも「オレンジ」がタイトルに入った曲はたくさんあるね。♪オレンジの雨(野口五郎)
♪ORANGE GROVE(正やん)♪オレンジ色の風(T-BIRD)♪オレンジな満月(AIKO)
♪オレンジ(BONNIE PINK)♪オレンジ(SMAP)等々それ以外にもたくさん。そういや
昔、三宮に「織恋路屋」ちゅうのがあったなあ。懐かしい~。今日は一日中天気が悪く
オレンジの雨だったけど、また明日からさわやかなオレンジ色の風が吹いてほしいね。

【T-BIRD♪オレンジ色の風♪(LIVE)】
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=dGct3OZ_pPw&feature=related

希望の轍

教会桜090413 苺ミルク090413 サザン090413 
桜がハラハラと散っていくけれど…。ここで目立つのが八重桜。まだ満開には至って
いないものの、ピンクの色が鮮やか!まだまだ桜を楽しめそう。ブログではたびたび
書いているけれど、月曜日は用事で夕方にあるところに立ち寄っている。そして毎週
その帰りに駅の自販機で「いちごミルク」を買って飲むのが習慣になっていた。なんて
言うか「おまじない」みたいなもので、何となく身体に元気が宿るみたいな気がして…。
だけどメッチャ甘いのよね~。今度からは毎週寄らなくて済むので、その甘さもしばし
お預けだ。詳しく書いていないので何のこっちゃわからんと思うけど、まあそういうこと。
さてサザンオールスターズ。ボクらの世代はみなハマッてたと思うので、どうのこうの
言うことはないんだけど、彼らの音楽と共に人生歩んできたと言っても過言ではない。
今日は何となくこの曲を聴いてみたくなったよ。YOU TUBEでもほんまたくさんテイクが
あるけれど、このライブのイントロのエレピの音が一番好きやわ!エレピのイントロが
始まったとたんに、背筋がゾクゾクッとする感じがたまらなくイイ!しかしいつもやけど
話の脈略が全くないなあ。まあ、思いつくまま…というのがブログタイトルの副題にも
なってることやしお許しを…。ビールもいいけどいちごミルクのパワーも侮れませんぞ。

【S.A.S.♪希望の轍♪】
http://www.youtube.com/watch?v=HUYpxMpOw3E&feature=related

白いシャツ

ナゴミーズ090410 正やン090410 風090410
さてと男性アーティストとしては70年代前半から80年代後半まで、はまり込んだのが
やはり正やんでしょうかねえ。かぐや姫時代⇒風⇒ソロとしての伊勢正三というように
それぞれの時代の良さがあるよね。高校生の時だったかな、当時はめったにTVでは
見れない生の「風」のライブがあって、そこで聞いた♪時は流れて♪は忘れられない。
さすがにYOU TUBEでその映像を探しても見つからないけれど…。正やんは写真にも
あるように「日本一白いシャツが似合う男」なんて言われているけど確かに似合ってる。
大学を卒業した春に発売されたアルバム「渚ゆく」に入っていた♪MOON LIGHT♪は
とても思い出深く胸キュン曲だ。音が取れないようなサビのコーラスの「ム~ンライ」や
エンディングのアドリブ的なピアノが何回聴いても飽きない。デジタルプレーヤーには
今でもかかせない一曲だよ。今夜もキレイなお月様が夜空にくっきり浮かんでいるね。

【伊勢正三♪MOON LIGHT♪】
http://video.fc2.com/content/MOON%20LIGHT%81i%83X%83%89%83C%83h%83V%83%87%81%5B%81j/20090410AgFcPsCT/


MOON LIGHT(スライドショー)

満月満開

満開090409  yuming090409  朧月090409 
今宵は春爛漫、満月と満開の組み合わせ!朧月夜という感じではないけれど。帰り道に
デジオジとしては何とかこの満月と満開を同時に写真におさめようとしたけれど、素人には
限界があるよな。まあ、雰囲気だけでも。70年代後半から80年代まるまる、そして90年代
前半にかけてロングランで杏里にはまっていたのは既述のとおり。その一方、70年代前半
からウチの嫁ハンはやはりユーミンにはまっていたようだ。あまり音楽に入込むタイプじゃ
ないんだけれどユーミンだけは別格だったみたい。出合った頃には、それまでのアルバム
13枚全て持っていたわ。まだ聴いてはないんだけれど、先日4月6日にニューアルバムが
リリースされたこともあり、最近よ~くTVに出てるよね。明日、関西系の好きな番組である
「僕らの音楽」(23:30~23:58)にも確か出るはずだ。8日のNHKの「SONGS」にも出ていた
はずだけど見逃したわ。明日はぜひ見てみよう!満月と満開に満足の今宵春のひととき!

【松任谷由実♪満月のフォーチュン♪】
http://www.youtube.com/watch?v=6PXoHNlX7sQ&feature=PlayList&p=E868CF6D9C6BDB01&playnext=1&playnext_from=PL&index=19

Making Good Things Better

杏里090408 MAKING GOOD THINGS BETTER090408 ポスター090408
♪DANING BLUE♪で始まったLIVE STAGE。ディナー席であれ、カウンター席であれ
みんなに手を振り、目と目が合うコミュニケーションでどんどん世界に引き込んでいく。
一人ひとりに「あなたが来てくれてよかったわ」とでも言ってるような眼差しで一体感を
作り上げていくのは流石!ボクも両手を振ったら、何度も応えてもらったよ。バンドは
GUITAR、BASS、DRUM、KEYBOAD+コーラスの男女。リズムとコーラスのひとりが
黒人系で、特にダンサブルな曲は歯切れのいい乾いたサウンドに透明な杏里の声が
すぅ~っと乗っかっていく感じがたまらんね!あまり喋らないのでは…という先入観が
吹き飛んだ。MCは言葉が分りやすく、面白くて笑いが絶えなかったな。曲の途中でも
可能な限りの人と握手して盛上げてた。♪悲しみがとまらない♪含めて10曲が終った
ところで終了。アンコールは♪CATS EYE♪とオーラス曲は♪オリビアを聴きながら♪。
オリビアニュートンジョンの「MAKING A GOOD THING BETTER」を聴きながら…という
意味だけど、歌詞は複数形でGOOD THINGSとなっているよね。2番の「夜更けの電話
あなたでしょ 話すことなど何もない Making Good Things Better 愛は消えたのよ~
二度とかけてこないで~」のキツイ詞のあたりで当時を思い出して目頭がうるるん…。
一流を超えた「超一流のアーティスト」はやっぱりオーラが出ていたし、引き込む力が
全然違うよね。コンサート会場ならまた違った趣になるのだろうけど、ライブハウスの
「近さ」にはかなわない。若き日の夏にタイムスリップした1時間半はほんと圧巻でした!

【Olivia Newton-John♪Making a Good Thing Better♪】
http://www.youtube.com/watch?v=OChPXg6DpY8



【杏里♪オリビアを聴きながら♪】
http://www.youtube.com/watch?v=B3_nBlzGMoQ

ANRI

オリビア090407 ビルボード090407 杏里090407
どう表現したらいいかわからないけど、一言で言うと「圧巻!」でしたね。杏里にとって
初のライブハウスツアーらしいけど、福岡から大阪、東京、名古屋とビルボードライブ
(昔のブルーノート)でのステージ。大阪ビルボードのHP見て「えっ杏里が来るの?」
ということで知ってはいた。昨年は30周年の全国ツアーをやり、今年はちょっと趣向を
凝らしてということらしい。仕事との兼合いもあり、当日もしキャンセル等で空いてたら
行こうと思ってた。ネット上では既に全席完売だったけれど、電話するとカジュアル席
(カウンター席)が一つだけ空いてるとのこと。これはもうボクを待ってるなと思って即
押さえた。1ドリンク付の7500円。ステージ真近のディナー席の後にあるカウンター席。
それでも十分に「生杏里」は見える!そして、たまたまほぼ真中に近かったので満足。
31年前、このジャケットに魅せられて以来、特に80年代一番はまった女性アーティスト
なのだ。ジントニックを飲みながら時間を待ってるとバックミュージシャンがステージに
出てきて、しばらくして杏里が登場だ!ド、ド派手!写真にあるような何ていうのかな
ロングの薄手のセーターというか、それがミニスカートみたいになって…すんませんな
ファッションのことがよく分らない。色はブラック。その下はなんと赤の長めのスパッツ。
長い髪は細かいソバージュで「うわ~生杏里や~」てな感じ。とても47歳とは思えない。
メッチャクチャ、スタイルが良くて姿勢がいい。ほんでもってキレイ!続きはまた明日!

【杏里♪悲しみがとまらない♪】
http://www.youtube.com/watch?v=BUh-uCjzGDM

花海棠

花海棠090406 オアシス090406 桜090406
訳あって月曜日は夕方にとある場所に立ち寄ってそのまま自宅へ帰ることが多い。
阪神地区でも桜で有名な「夙川」の近く。今日は暖かかったので終ってから道草を
してしまったよ。10分ほど歩くとその夙川にたどり着く。その途中、小さな桜やなあ
と思ってよ~く見てみると微妙に違う。「ハナカイドウ」と書いてある。あまり見た事が
なかったので帰って調べて見ると漢字では「花海棠」でどうやら中国から入ってきた
低木だそうだ。4月5日つまり昨日の誕生花で、花言葉は「温和」ということらしいわ。
恥ずかしながらよく知らなかったので、デジオジとなってパチリと写真を撮ってから
更に歩くと夙川の土手にたどり着く。この辺りは下流の方であり、海まで続いてる
散歩道は「オアシスロード」と呼ばれている。高校時代にはよくチャリでウロチョロと
していた思い出深いエリアだ。桜も満開一歩手前でええ感じだ。川沿いのベンチに
腰掛けてちょっとの間、ひとり花見を。帰るとこがあるがゆえ道草もまた楽しですな。

【CSN♪JUST SONG BEFORE I GO♪】
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=pF-oWhD2itE

桜百番にて

駅前ビル090405 桜百番090405 メモ090405
昨夜は季節柄、大阪の「桜百番」で【STEAL A RIDE】の春の目覚めマジミーティング。
TOMMY、チャーハンT辺、MIYOとボクの4人が揃っての09年の立上げ!バンド人数が
6人とか7人になると社会人は中々一同に集まることができない。綿密な打合せにより
いかに個人練習で追い込むことができるか…集まれる数少ないチャンスを生かすには
それしかない。いつも打合せをしようと言いながら、単なる飲み会に終ってしまうことが
多かったので今回は始めからバンドの話を…。それぞれの各ユニットの集大成となる
お祭りロックバンドとして今後も頑張りますので、よろしゅうに。課題曲も決めたし、曲に
よってはNUCKYのバンジョー参加や逆にメンバーが揃わないときの対応等々、加えて
TOMMYたちを中心に、「あめけん」らしいプロジェクトも水面下で進行中とのことなので
益々楽しみになってきたよ。だけどバンドを変え、何回も同じメンバーばかり出るのも
いかがなものか…という感じもあって、ぜひ新たなバンドの復活宣言を期待しているよ。
ポイントだけメモした割箸入れの紙を見ながら、昨夜の会話を思い出し、メンバーには
議事録を発行したよ(笑)。ええかげんなメモやけど途中で失くしかけてヤバかったわ。

【EAGLES♪LIFE IN THE FAST LANE♪】
http://www.youtube.com/watch?v=6pmnX4wHMFM


最近の記事
最近のコメント
プロフィール

ふうにぃ(Funny、不兄)

Author:ふうにぃ(Funny、不兄)
フォーク屋「あめけん」へようこそ!

1958年12月10日生まれ
兵庫県神戸市在住

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。