スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は子供の頃、河童を見たんだ…

河童

「俺は子供の頃、そこで河童を見たんだ…」

余命わずかの父が子供に打ち明けた。そこから時は昭和28年の北川村にさかのぼる。
その村の天神沼の奥の洞窟には河童が住んでいると言われ、村の守り神とされていた。
ひょんなことから河童に出会ったしまった少年…ジイちゃんと頼りない駐在の父親との三人暮らし。
少年は出会った子供の河童と仲良くなるが、ある日、洞窟に他の少年たちも探検に来た。
その時…河童を捕まえて観光で儲けようとする大人たちの仕業で、洞窟の入口が爆破されてしまう。
少年は「また必ず会いに来る」と言って河童と別れ、助けに来た駐在の父親と洞窟から脱出。
そこに爆破の激震で倒れてきた大木。駐在の父親が体一つで受け止め、子供たちを救う。
が…子供たちが脱出したあと駐在の父親は息絶える。

現代に戻り、当時の少年は年を取り病を患い、まさに命が絶えようとしていた。
もう一度、天神沼に…。息絶え絶えに向かう父に子供が付き添う。
あの洞窟で出会ったのは…40年間、少年が会いに来るのを待っていた年老いた河童だった。
そして驚くことにその河童の正体とは…!

18年ぶりにこの石井竜也監督の「河童」をTSUTAYAで借りてきて見た。一番好きな映画は?
と聞かれると、この「河童」と答える。父親の強さ、家族のぬくもり、友情、そして
大切なものとは何か…18年経ってもやはり最後は号泣やった。

主題歌である石井竜也の「手紙」…大好きだ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
プロフィール

ふうにぃ(Funny、不兄)

Author:ふうにぃ(Funny、不兄)
フォーク屋「あめけん」へようこそ!

1958年12月10日生まれ
兵庫県神戸市在住

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。