スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年時代

ポプラのように

たまにはまったく関係ない、つまらん自分ネタを…。
「な~つがすぎ、風あざみ~」。ボクにも少年時代があった。
愛媛の田舎から、親父の転勤で都会へ(京都)へ出てきたのが、たしか
東京オリンピックの年かな。関西汽船神戸港に着き、元町から電車に乗った
親父はその速さにびっくりしたらしい。幼稚園を経て入った小学校は
京都山科のS階小学校。今もある。以前、ふらっとその地を訪れた時
校庭に一番思い出に残ってるポプラの木がまだあった。
当時、クラスの文集にボクがつけたタイトルが「ポプラのように」。
その時の思いのとおり、まっすぐ生きているかどうか…
ときに思い出してチェックしてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

その頃のフォーク屋さんは純情な
少年やったんやろなぁ~
俺はたぶんその頃から、近所でも
有名な悪ガキやったけど...
何故かその頃の忘れられへん風景や
シーンって確かにあると思うわ。
俺の場合、好きやった女の子のブルマー
やったり、夏服の時の後ろから見た
ブラジャーの線やったりするけど...
ほんまこんな自分が情けくなる今日この頃です。

小学生の頃からフォーク屋さん詩人やったんやね。
しゃれたタイトル。
あんまりまっすぐすぎるのも疲れるし、
つっかえながらもなんとなく上の方を向いてたらいいかな・・・
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

ふうにぃ(Funny、不兄)

Author:ふうにぃ(Funny、不兄)
フォーク屋「あめけん」へようこそ!

1958年12月10日生まれ
兵庫県神戸市在住

カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。